クーリングオフ制度を利用することができます

1日目を脱毛エステと契約を行った日として、合計8日を超えていなければ、クーリングオフ制度を利用することができます。しかし、これには例外があり、契約期間が1ヶ月を超えない場合や、料金が5万円を超えない場合にはクーリングオフ適用の範囲から外れてしまいます。8日以上経過してしまった場合、中途解約ということになりますので早く手続きを行うことが重要です。
脱毛エステのお店で用意されているキャンペーンはいろいろありますが、これをうまく利用すると、通常よりかなりお得に脱毛することが可能です。
ただし、ここで注意点があります。
キャンペーンに目当てはいいのですが、そこで簡単に契約をしてしまうときっと後悔します。
脱毛エステと契約を交わす前に、契約書をちゃんと読み、不明な点は相手に聞いたりしてよく確認し、あせらずに落ち着いて考えることにしましょう。安い料金や納得いくまで施術を受けられるというようなわかりやすいメリット部分ばかり注目していると、うまくいかないことがあるかもしれません。
いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステを利用しても満足のいく脱毛ができるようになるまでかなり時間がかかることがわかっています。
例えば普通の人が脱毛を12回ほどで済ませてしまえるところを毛深い人はそれより多く、16〜18回以上かかることになるかもしれません。
時間のやり繰りが厳しい、時間をあまりかけられないという人は、脱毛クリニックの方が短い期間で済むはずです。
とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強いと感じる人が多いようです。一般に、脱毛サロンによっては生理予定日の施術予約を避けて頂くことがございます。
肌が敏感になりがちなのが生理中であり、施術による肌トラブルを防ぐためです。生理などの日でも施術ができる脱毛サロンの店もあります。ですが、少し億劫なところもありますが、十分なアフターケアをしっかりケアしましょう。言うまでもなく、デリケートゾーンの施術はお断りされるでしょう。脱毛エステにおいて一般的に使われている施術用の機器は、市販の手軽な家庭用脱毛マシーンと比べるとかなり強い光をあてることできるのです。
それに光を照射できる範囲が広いので、処理時間が短縮できます。
でも、医療系の脱毛クリニックで使用されている機器と比較すると出力限界値が小さくパワーが弱いので、残念ながら永久脱毛はできないのです。その代わりに、痛みに関していえば比較的楽に感じるレベルで、肌へのダメージが軽減されるという利点も見逃せません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ