キャンセル料として違約金や解約損料

途中で脱毛エステをやめたくなったら、キャンセル料として違約金や解約損料を支払わなければなりません。
ペナルティーの料金は法律で決められた上限がありますが、このペナルティー料金の計算方法は、現在通っている脱毛エステ店に、聞いておくことが必要です。
トラブルの予防措置として、契約する前に、契約期間中のキャンセルについても聞いておく必要があります。
脱毛エステの施術は、たまに火傷することもあるという噂があります。
光脱毛は脱毛エステでも主流に使われていますが、黒い色素により反応するようになっており、日焼けがあったり、濃いシミがある場所は火傷する可能性もあるのです。日焼けやシミの濃い部分は控えて行いますが、日焼けをしないよう心がけましょう。一般的に言えることですが、脱毛エステも名前のよく通っている大手のお店の方がそこそこ満足がいき不満が少ないという意見が多いようです。
大手と違う小規模・中規模のお店では、大手と比べるとエステティシャンの技術そのものが、満足のいくようなレベルではなかったり、接客の仕方が良くない、というようなこともあるのです。
それに比べると大手のエスティシャンは教育が十分にされていて技術も経験も豊富ですし、様々なトラブルへの対処方法もちゃんとした信頼できるものでしょう。ちょっとした興味本位で脱毛エステに行ったりすると、当たり前のように高いコースに勧誘され、契約を迫られる、なんていうイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、実際のところ、最近は、客を強引に誘ったりする行為を厳しく禁じているお店も増えてきています。
勧誘に弱い、頼みを断れない性格だという自覚のある人はそういう「当店は勧誘を行いません」というお店を選択するのがベターです。
ただ、お店の用意する体験コースなどを受けに行く場合についていえば、程度はどうあれ勧誘を受けるだろうということを頭に入れておいた方がいいかもしれません。
脱毛エステは大体どれくらいの期間かというと、施術は2か月から3か月に1回を満足するまで行うので、その人その人によって異なるのです。もし6回の施術で納得すれば、おおよそ1年から1年半ぐらいの期間です。調査によると一箇所で12回ほど通う人が大半を占めていて、大体2年半ぐらいは通うことになるでしょう。
毛周期に合わせて施術を行う必要があるので、毎月受けたところでそれほど意味はないことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ