生理中はお肌が敏感な時期

一般に、脱毛サロンによってはお客様の体のコンディションによっては施術を行わない可能性もあります。
生理中はお肌が敏感な時期でして、肌に関する問題がでてきてしまいます。生理中でも脱毛を行う店もございます。
ですが、アフターケアという、肌トラブル防止のための対策を怠らずにしっかりとしてください。
当然のことながら、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。
脱毛エステにおいて一般的に使われている施術用の機器は、市販され、入手が簡単な家庭用の脱毛マシーンよりもはるかに強めの光を照射できるものです。
それに照射の範囲が広いため、短い時間で処理を終わらせることができるわけです。
でも、医療系の脱毛クリニックで使用されている機器と比較すると出力パワーが小さいため、永久脱毛まではできないのです。ですが、個人差はあるものの痛みは相当楽に感じられ、肌へのダメージが軽減されるという利点も見逃せません。毛深いタイプの人に関しては、脱毛エステを利用しても満足のいく脱毛ができるようになるまでかなり時間がかかることがわかっています。例えば普通の人が脱毛を12回ほどで済ませてしまえるところを少し毛深い人はもっと多く、16〜18回、さらにそれ以上の回数が必要になることもあり得ます。時間をあまりかけたくない人は、医療系の脱毛クリニックで施術を受けた方が期間は短く済むことでしょう。
ただし脱毛クリニックで使用される機器は威力が大きく、施術を受ける際の痛みが少々強くなってしまうようです。脱毛エステでは大抵いろんなキャンペーンを用意しているものです。
これを上手に使うことができれば、相当お財布にやさしい脱毛が期待できます。
でも、キャンペーン目当てにお店に来て、そこであまり深く考えずに簡単に契約をしてしまうと後からじわじわ悔やむハメにならないとも限りません。さあ契約という段になったら落ち着いて本決まりの前に契約の内容について相手に質問をするなどしてしっかり確認し、とにかく慎重に検討するべきでしょう。
低料金、回数無制限といったようなおいしい点だけを見てしまうと、満足からは程遠い結果が待っているかもしれません。脱毛エステとの契約を行った日から数えて合計8日を超えていなければ、クーリングオフを選択することもできます。ただし、もし契約期間が1ヶ月よりも短い期間であったり、ご利用になる金額が5万円以下の場合にはクーリングオフを適用できる条件から外れてしまいます。規定の日数である8日を超えてしまうと、扱いが中途解約になりますので早いうちに手続きされることをおすすめします。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ